宮城県の少年野球を応援するコミュニティポータル - ポップアスリート

少年野球のコミュニティポータルサイト ポップアスリート

ポップ係長のチーム訪問体験レポート

千趣会

大会情報

第3回  夢・星野スポーツ塾杯争奪 ソグノ・リーグ

リーグ規定

  • 試合会場はソグノ・カップ参加チームで用意したグランドを使用する。
  • 審判は試合当該チームで行う。
  • 連絡もなく試合開始予定時刻になっても到着しないチームは棄権とみなす。但し、事情があり迅速に対戦相手の連絡担当者に連絡をした場合は認める。
  • リーグ戦使用球はC球とする。
  • グランドサイズは投本間15m・塁間22mとする。
  • 試合回数は5イニングとし、1時間を越えて新しいイニングには入らない。
  • 同点試合は1アウト満塁のサドンデスで勝敗が決するまで行う。
  • 3回以降10点差をもってコールドゲームとする。
  • 試合中、降雨または日没の場合3回をもって試合成立とする。続行、中止の判断は両チーム監督の話し合いで決定する。
  • 作戦タイムは2回までとする。(1回30秒以内)
  • 抗議権は当該選手及び監督に限る。
  • 背番号の取り決めはありません。監督はユニフォームを必ず着用すること。
  • 選手登録はありません。当日のメンバー表をもって試合出場可能とする。進入部員や体験入部の選手はユニフォーム着用を義務付けませんが、対戦相手の監督へ必ず了承を得て下さい。
  • 日程、グランド調整はソグノ・カップ運営が行います。
  • 打者、走者、ランナーコーチはヘルメット、保守派プロテクター・レガース・ヘルメットを着用すること。
  • バットは全軟連公認のものを使用すること。雷対策のため、木製バットを必ず持参すること。
  • 試合開始、終了の挨拶時は監督、コーチ等指導者はベンチ前に整列して挨拶をすること。
  • 試合会場で起こった事故(負傷)については、各チームで責任を持って対処すること。当リーグは一切その責任を持たない。
  • 各グランド状況に応じたローカル・ルールについては、審判が試合前に必ず説明をする。
  • チーム責任者(代表者、監督)は応援方法について責任を持って対処すること。特に相手選手やジャッジについて野次を飛ばさない。
  • ボークは採用する。隠し玉は禁止。

ポータルトップへ